ライダーママ、キミタン!

ライダーママ、アクセル全開!セイコー、チビセー、ノンパパ参上!おぅ!モウレツ!
鍋割山 登山
こどもの日、今年はついに鍋割山にアタック!高尾山は走る。金時山はお散歩気分。大山も登りきったセイコーとチビセー。

『こうなったら…あの山へ行くか…。』Mt.ナベワリ。ピラミット型の山容をもつ大山とあまり標高はかわらないが、塔ノ岳から南西にのびる尾根すじの一角にあって、

小鞍部まで沢沿いを登る。山頂まで2〜3ピークを越えるなど、難易度はアップ。兎にも角にも『GO!』

環七ノ沢に沿って林道を歩いている時点では無駄口たたく、ふざけて戯れ合うアホな兄弟。『お前ら!まだスタートにも立っとらんぞ。こんなところでエネルギー消耗すんなー!!』

しかし母の言葉は届かない…。(ダイジョウブカシラン…)心配通り、ミズヒノ沢を渡って林の中、後沢乗越に向かってジグザグに登りだしてからスタミナ切れの様子。(おいおい…)

途中マッチョな2人の外国人お兄さんに『五歳クライノ女ノ子姉妹、登ッテ、降リテッタヨ。ガンバレ!ボーイズ!』と発破かけられる始末。気合いを入れろ、大和男児!!

その後も口数が激減し、足取りふらふらのボーイズ。不甲斐無い男どもに吼える母の声が山々に木霊する。見兼ねたオカーサン達に、行く先行く先チョコレートだ、どら焼きだ、ゆで卵だと与えて頂き、口いっぱい頬張る兄弟。人々の優しさに感謝。だが、今回のミッション”鍋割山の鍋焼きうどんを食べる”を忘れちゃいないよな…。

なんとか山頂に到着。うどんはボリューム満点で2杯を家族で分けて頂いた。まだまだ鍛えないといけないな〜。



| キミタン | 山登り | 14:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年の初連休

年が明けてもう半月経っちゃうな。今年は元旦、2日が日勤。34日は夜勤。流石は看護部長お任せ勤務来年は腹を据えてお任せせねば。

そんなもんで新年の挨拶も、仕事始めの頃には『あけまして』 『元旦に会ったよ。』または、『2日の明けで』、『3日の退勤で挨拶しました。』もう誰に挨拶したのか覚えてないって。それどころか年が明けた実感も無い。漸く7日〜9日の連休、やっと初詣&初登り!とにかくGO!!

今年も大山。女坂→阿夫利神社下社。見晴らし台コース→大山山頂へ。富士山を眺めながら(当分富士山ハ見ルダケデ満足カモ)と思ったりする。神様に家族の健康と今年も皆勤出来ます様にお願いし、七草粥を食べた。  コレデ新シイ年ヲ迎エラレタ  実感するな〜。

翌日は空手。ワタシはこの日初稽古。筋肉痛でギコチなく稽古しながら(来年は黒帯締めるんだ!!)、鬼が『えっ?こ、今年は?』と、笑うのも忘れてツッコみそうな決意を秘めながら(今年も空手ガンバるぞ〜)弱気なんだか前向きなんだか9日成人式TV10=1/2成人式というのを見て、(ワタシは×2成人もいいところ、随分大人巷ではそんな女性を熟女というのだろうか

そういえば番組の『熟女対決―』なんてのも40歳↑の女性が出てるが。うら若いハタチの小娘に対し×2はオバ熟女ってところかな。ぼんやり考えていたが、年齢だけではなく、色気がないといけないらしい。では、色気ってなんだ?若い娘にはあるのか?色気のない×2の女はやはりオバ

嗚呼こんな調子でワタシの連休は終わったのでした。

改めまして、今年もよろしくおねがいします!  燃えよドラゴン!!



大山登山
大山登山
大山登山
大山登山
大山登山
大山登山
大山登山
大山登山
大山登山

| キミタン | 山登り | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
富士登山


| キミタン | 山登り | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
富士登山



それは昨年の11月頃だった。『私たち来年、二度目の成人式だね。』Kuーさんが切り出した。

同じ年の私たち。(もうそんな年になるのか…もう、オバ…)等と軽く凹んでいると『私ね30代最後に富士山登りたいの!一緒に登りましょう!!』(なるほど、記念登山か…てっ、ワタシも?Kuーさん山行かないヒトでしょー!)『キミタン、登ったことある?』『…ない…』

『40歳になったら、富士山に登れないと思うの!』(そんな事はないデス。)『他にも声かけて登山部つくりましょう!!』

(…なにがKuーさんを突き動かしているんだ…やっぱ40ステージ突入前の最後のアガキ…)『Kuーさん、登りましょう!』


そんなエピソードから月日は流れ新年度、職場のトップが代わり、体制も変わり、3月11日あの壊滅的大地震が…。

日々忙しく、とくに管理職のKuーさんは様々な業務の処理に追われていた。『高尾山もいいかな…』と大きく標高が下がったとき。

『行きましょう、富士山!30代最後の思いでを作るのよ!!』と、戦隊ヒーローの第6のレンジャーさながら登場する、すこしお姉さんのOgyiーさん。すっかり企画倒れになったと思っていたワタシ。富士山熱が冷めだしたKuーさん。二人の頬を叩かんばかりに熱く燃えるOgyiーさん。

『私とMhu−さんも一緒に登るから!』かくして4人のパーティーが完成。部長に『4人のハイキングのお休み付けてあげましたからね。』と、(ハ…ハイキングって…)有り難いお言葉を頂、今後しばらくハードな勤務を覚悟する。(仰せの通りに…)『"園だより”の原稿よろしく。』(…課長代理…まだ登ってないし…遭難して還ってこないかも。)


富士登山の準備は進み、各々モチベーション↑↑

ついに8月23日〜24日登頂を成し遂げた!みんな頑張った!ヤリキッタ感に浸るワタシ。

『また登りたい!!』3人の声に(まさかの夏の恒例登山化決定…しないよね…そんな…まさか。)

以降の文章は原稿用となります。



富士登山行


3776m。静岡、山梨の県を跨いで立つ日本最大の独立峰、富士山。

5合目からはその頂は望めない。遥か。

一歩、一歩踏みしめる足が果てしなく続く様に思える。

100m上がる度、1℃弱気温が下がる。登ってる時は気付かないが、休んでいると肌寒く、更に登ると真冬の寒さを体感する。

8合目、標高3000m。幾度の噴火で流れ固まった岩漿が、険しい岩肌。岩稜地帯が山頂まで続く。

傾斜が増し、きつくなる。ふと振り返ると、その高度に驚く。

すでに森林限界を過ぎ、明確な尾根を持たない畏怖の山は、自分たちが進んできた高みを遮る事なくおしえてくれる。


山小屋で身体を休め、ご来光にあわせ山頂を目指す。夏を忘れさせる気温と、山沿に吹き上げる偏西風に晒され、疲労にグラツく足下に目を落とし、言葉少なく登っていく。『下ばかり見ないで、宇宙-ソラ-も観てください!』ツアーデェレクターの声に顔を上げると、無量大数の星の群れ。

『目の前にあるのはオリオン座です。』生まれて初めて星座を目の前で観た。

その目を下に降ろす。街を彩る人工光源が、様々な宝石の大海となって、遥か彼方に水平線を結ぶ。

雲が張ることが多く、下界を観れることは少ない。と、山行案内人が伝える。


久須志神社の鳥居を潜る頃、そらは白々。暖気によるのか、下方の山々、山中湖、河口湖、駿河湾から雲が生まれ、成長していく。

輝きの薄らぐ街が、波打つ様に広がる雲に飲み込まれていく。

一面、雲の海。その平線にオレンジ色の光が延びていく。光は次第に膨張し、太陽が覗きだす。

この後の感動は、筆を尽くしても伝えきれない。

”百聞は一見にしかず”   是非、富士登山を!!

| キミタン | 山登り | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
大山初日の出
いや〜登れたな〜。ケーブルカー使わずにたいしたもんだ。
子供は元気いっぱいで親のほうがヤバかった...。
元旦4時から登り始めて、女坂から下社へ...。
すでに5時を過ぎていたけれど
日の出に間に合うだろうと 山頂目指して出発!
しかし...(あ、あれ〜大山ってこんなにハードだったっけ?)
ワタシ10年振りの大山。こんなに急傾斜でしたっけ...?
結局17丁目で初日の出を拝み、山頂に着いたのは8時頃だった。
おこわのおにぎりを食べて阿夫利神社へ初詣。
『今年も家族みんな健康で、仕事も皆勤賞が続きます様に...。』
ご利益ありありな年明けです。
山登りはいいな〜鍋割山、塔ノ岳...行けそうだな。
今年も山登るド〜!!ピョンピョンっとな。

| キミタン | 山登り | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
タカオ ダイヤモンド フジ

残念な事に富士山は雲に覆われていたけれど、幻想的な素敵な風景だった。
お守りもお返しして...一段落。
いよいよ丹沢大山初日の出。ケーブルカーはチビセーの保険だけど、これまで高尾山、金時山もチーは自力で頂上に立っている。...いけるか?
H23年1月2日、3日夜勤だ〜。明けでディズニィーランド行こうと思案中。
来年はとうとう元旦の休みは付けられないと部長に釘刺された。本当の初日の出は何年後か分からないけど、これからも山に登って綺麗な景色を子供たちと心に残していく!

| キミタン | 山登り | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
2009→2010
皆様、年賀状ありがとうございました (*´∀`*)゜大変横着なのですが、この場でご挨拶させていただきます。
明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

初日の出をみるために高尾山へ登って参りました。
12月31日23時に自宅を出発。横浜線で年を越して、八王子のファミレスで2時間潰し、4時すぎ...高尾山登山口、稲荷山コースに到着。

30日まで仕事だった。年明け3日から仕事。大晦日から元旦、2日と休みを貰いましたが (´〜`)来年は無理です。(T□T)新年の休みは、元旦か2日。選択だそうです。
しかし独身時代、クリスマス夜勤 年越し夜勤。3年続けてやってたな...なぜか3年間同じメンツで...。
家族をもった今は職場での年越しは絶対に避けたい!!(でも...ちっちゃい子供のいるママもいっぱいいるし...(-ω-;)ウーン )

早朝、真っ暗い山道をヘッドランプの明かりを頼りに登る。
気温は0度。でも1枚脱ぎ、また1枚脱ぎ...って、ワタシだけかい!汗ダクダク、息はあがってゼーゼー。
セイコーは淡々と登ってく。(お前...速いよ...( -"-)...)
チビはパパに背負われて爆睡中。(チビは下山するまで寝てました。寒さで気絶してたのかも...。)

昨年は3時間かけて山頂に着いたけど ことしは2時間とちょっとで到着。
セイコーの成長を実感 (*´Д`*)
けど、日の出まで40分ありますが...ブルブルブルブル...((((;´・ω・`)))

6時47分 2010年初日の出。
大きな拍手がおこります。空が急に明るさを増しました。
今年も子供達とがんばろう!
お天道様と子供達のあったかい光があればどんな時でも頑張れる!...確信の瞬間です。

薬王院で初詣して、お守りを買って山を降りました。
そして、お決まりの”わくわくビレッジ”で宿泊。施設内の遊具で遊んで...(チビセー復活!親は息も絶え絶えであります。)お風呂のジャグジーで生き返る。
翌2日はビナウォークの祝餅をついて、食べて帰りました...。
次の日は早番だってのに...まっいいか。
とにかく無事に今年も年を越せました。輝かしい一年の始まりです!
おめでタイガー!ガオオオー!!

| キミタン | 山登り | 09:34 | comments(3) | trackbacks(0) |

一番上へ