ライダーママ、キミタン!

ライダーママ、アクセル全開!セイコー、チビセー、ノンパパ参上!おぅ!モウレツ!
<< 夏休みの宿題(おてつだい) | main | アストライアの憂鬱 >>
夏を振り返って
私は夏が苦手だ。一年の中で短い“なつ”。嫌いじゃないけれど、とにかく暑さに弱い…。今年はギラギラの太陽をほとんど見ることが無かったけれど、湿度が体にまとわりついて、じっとりと汗がにじむ日々が続いた。しかも空は薄暗く厚い雲がどんよりと低く広がっている。ひるまは生きているだけで精一杯、夜は待ってましたの冷房パラダイス。扇風機はいつ切るのか、回しっぱなしだった。8月も半ばを過ぎると朝夕にヒンヤリとした風が吹く。久々に顔を見せた太陽の空は高く、カラリとした空気を感じる。日中のセミの鳴き声をようやく聞いたと思ったら、日が暮れてからは秋の虫の音が聞こえる。朝顔も花を咲かさなくなってきた。夏から秋への移ろいを感じるこの時期がとても切なくなる。
毎年心身共に厳しい夏だけれど今年は働き始めた事もあって、苦行の季節であった。お金も余り無かったので、セイコーの夏休みはポケモン映画・東京ドームシティアトラクション(しかもシンケンジャーショーはあまり人気ない)。ポケモン以外はチビセーの3才のお祝いに付き合う感じとなった。
たいがいパパと子供二人は、児童館通いとベランダでビニールプール、セイコーの宿題の日々で過ぎた。私ときたら仕事以外の時も子供と行動を共に出来ず、ダラリと床に溶けていた。炊事と掃除を簡単に済ませ、もっぱらセイコーの宿題の準備や計画表の作成に小さな熱意の炎を燃やしていた。
「セイコーとチビセーが仲良く楽しく過ごせる様に」それが第一目標の課題たち、学校の意図するところ等おかまいなし。それこそが、今の私に出来る夏休みの思い出作り。忙しくて、慌ただしい毎日だけど、大切に思っているという子供達へのメッセージ。一方的な愛情だけど、二人の夏の思い出に残せますように...。
| キミタン | Freetarlk | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) |










一番上へ